So-net無料ブログ作成
検索選択

▼お探しの商品は下記検索ボックスで探せます。▼


外付けハードディスクのフォーマットの方法 [外付けハードディスク フォーマット]

外付けハードディスクを取り付ける際、

フォーマットをする必要があります。

フォーマットの方法が書かれたサイトを見つけましたので、参考にしてください。


Windowsのフォーマット方法はこちら

Macのフォーマット方法はこちら

タグ,

一番売れている外付けハードディスクは? [BUFFALO 外付けハードディスク USB2.]

外付けハードディスクのシェア50%以上を誇るBUFFALOの中でも

一番売れているのが、

BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 HD-CNシリーズ です。

アマゾンでも一位の売れ筋商品ですね。

評価も高く★が4ッつついています。レビューも120を超えています。

おすすめのポイントとしては、

内臓HDDより断然価格が安いことですね。

USBなので、簡単に接続できること。

そして、電源内蔵なのでACアダプタ等もコンセントだけでシンプルすっきりとして使いやすいことも

ポイントを上げています。

BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 1.0TB HD-CN1.0TU2
BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 1.0TB HD-CN1.0TU2


タグ




売れ筋 外付けハードディスクの価格について [外付けハードディスク 価格]

外付けハードディスクを選ぶときに注意する点は、

外付けHDDパソコンとをつなげるための端子の種類を確認することです。

価格もその種類によって変わってきます。

端子の種類には以下のものがあります。

USB1.1
○USB2.0
IEEE1394a
○IEEE1394b
○LAN
eSATA

一般的には、USBはどのパソコンにも付いているので

普通にパソコンを使用する場合はUSB2.0のもので充分です。

ちなみに、LANはLAN経由で多数のパソコンから使いたいときに便利ですが、価格が高くなります。

また、eSATAはUSB2.0より高速な通信が期待できますが、この端子が付いているパソコンは少ないですね。


価格.comによると

外付けハードディスクの売れ筋価格帯は5000円~10000円くらいが一番多いようです。

また、メーカーではバファローがダントツ一位で54%近く、続いてIODATAがよく売れています。

BUFFALO TurboUSB機能/省電力モード搭載 USB2.0用 外付けHDD 1TB HD-HES1.0TU2
BUFFALO TurboUSB機能/省電力モード搭載 USB2.0用 外付けHDD 1TB HD-HES1.0TU2


タグ,

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。